現代病であるうつ病【早期に治療すれば症状は和らぎます】

医療

エネルギーを与える大切さ

下を向く女性

うつ病はなかなか周囲に気づいてもらえないわかりにくい病気かもしれませんが、発症した人からは何かしらSOSのサインが見て取れるようになります。そのためにもうつ病への理解を持つことが大切です。そして脳に栄養を与えることで改善や予防をすることができます。

Read More...

大切な存在を失っての病気

悩む男性

大切な存在を事故か病気などで失ってショックを受ける喪失うつ病という病気があります。大切な人やペットなど、ずっとそばにいた人が亡くなってしまい心にぽっかりと穴が開いたように喪失してしまい、うつ病の症状が現れる病気なのです。

Read More...

環境の変化がもたらすもの

カウンセリング治療

ストレスと綿密な関係にあるうつ病ですが、その改善方法はやはりストレスを感じすぎない事が一番です。頑張る時には頑張って、休む時にはしっかり休むという心のメリハリをつけるだけでも気持ちはかなり楽になるはずです。

Read More...

穏やかな気持ちが大切です

2人の医師

うつ病には抑うつ状態が慢性的に続く物や、夜間にだけ不安に襲われる非定型うつ病があります。周囲からは気分にムラがあり、素行が日によって違うと思われることもありますが、薬物治療によって感情を調整し、しっかりと睡眠をとることで不安感を鎮めていきます。

Read More...

コタール症候群になる前に

診察

重症化した病気

うつ病は現代人に多くかかってしまっている病気で、現代病とも言われているものです。そのうつ病を精神の風邪だと思って周囲は見逃してしまったり放置してしまったりすることもあります。それは危険です。精神的に落ち込んでいるからといって周囲がイライラして責めたりすると、さらに病状が悪化し重くなってしまうこともあります。欧米ではうつ病の研究は進んでいましてうつ病が悪化することで頭頂葉の代謝が低くなることを懸念しています。そうなることでコタール症候群という病気になってしまう可能性があるからです。コタール症候群とはうつ病が重症化した病気で、自分自身がもう死んでいるように思い込んでしまうものです。つまり強烈な思い込みがあらわれ、自分が生きているのか死んでいるのか分からず自分の顔はおろか他人の顔の判断もできなくなってしまうこともあるのです。

重症化させないために

そうならないために早期の治療が必要な病気なので、現代の風だと思い込んで放置するのではなく、ちゃんと相談することができる場所に相談しなければなりません。まだ「死にたい」「自分はいなくなったほうが良い」と何度も口で言っている状態は重症化しているところではなく、うつ病の初期症状になります。現代ではうつ病にかかってしまって生活に支障をきたしてしまう人は多く、それは大人だけでなく子供にも発症する可能性は十分にあるものです。普段からストレスを溜めて生活をしていないか、もし溜めているのであれば少しの時間でも緊張感をほぐすことができるような方法を行なうことが重要です。最近ではストレス社会ともよばれる時代でもありますから、ヒーリングやリフレクソロジーのほかアロマセラピーやヨガなど、ストレスを緩和して精神を落ち着かせることができる方法を薦める情報誌やテレビ番組も増えてきています。うつ病を発症して苦しい生活をする前に、自分自身がストレスを溜め込まない生活を行なうこと又は周囲にもストレスを溜め込まないような生活を送ることができる環境を整えていくことがとても大切となっていきます。また、積極的に医療機関に足を運ぶ事も重要です。心療内科や精神科は敷居が高く感じてしまう人が多いですが、最近では通いやすい工夫をしている心療内科や精神科が多くあります。インターネットなどで調べて一番通いやすいところをみつけましょう。